メドベージェワがハビと… “惜別2ショット”に感激の声「大好きな2人が1枚の写真に」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。欧州選手権(23日開幕・ベラルーシ)限りでの引退を表明しているハビエル・フェルナンデス(スペイン)との惜別の2ショットを公開。ファンの感動を呼んでいる。

 メドベージェワが1枚の印象的な写真を投稿、同門のフェルナンデスへ惜別のメッセージを送った。

 私服姿で右手を伸ばし自撮りするメドベージェワの隣にいるのは、白い歯を浮かべるフェルナンデスだった。大きな目を見開いた目じりにはしわが、実に柔和な笑顔だった。

 欧州選手権出場のために、羽生結弦らもトレーニングを積むカナダ・トロントのクリケットクラブで調整していたフェルナンデス。メドベージェワはしばらくロシアに滞在していたため、ようやく再会が叶ったようだ。

 メドベージェワは「グッドラック イン ミンスク」とつづりこの惜別の2ショットを投稿。ファンからは続々と反響のコメントが寄せられている。
ファンからは反響が続々「最高にキュートな2人!!」
「イェイ!!ついに一緒の写真!!」
「キューティーな2人」
「アメージングな2人の1枚に感動」
「大好きな2人が1枚の写真に」
「世界で1番好きな2人。あなたの家、クリケットに帰ってきてくれてうれしい!!」
「ハビ、欧州選手権がんばって!」
「オー・マイ・ゴッド。私の天使が再合流」
「この写真を見られて幸せ!」
「ミンスクで会えるのがすごい楽しみ」
「最高にキュートな2人!!ハビ、ミンスクでがんばって!」
「アイメイクしてなくても、すごいかわいい」
「まるで兄妹みたい!ハビ、健闘を祈ってる」

 男子ショートプログラムは24日に行われる。欧州選手権にはメドベージェワは出場しないが、カナダの地からエールを送る。

織田信成が村上佳菜子と変顔2ショット決め爆笑を誘う

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表・織田信成さんがツイッターを更新。週末のアイスショー「プリンスアイスワールド」で共演したソチ五輪代表・村上佳菜子さんとの変顔2ショットを公開。お馴染みとなった村上さんとのコラボで、ファンに爆笑を届けている。

 織田さんが、また村上さんとの“らしい1枚”を公開している。

 控室で中央の椅子に寄り添うように両手をちょこんと置き、足をそれぞれこだわりの角度に曲げながら地面に座る2人。パーカー姿の織田さん、スヌーピーのニットを纏った村上さん、顔はそれぞれ得意の変顔を作っている。

 織田さんは「佳菜子さんの新プロのモノマネ。椅子を使ったらプログラムで、すごく素敵だからみんな絶対観てほしい。この写真から伝われ。あっ無理か。無理だったわ」と状況を説明。さらに「#信ちゃん佳菜ちゃん#冗談は顔だけにして」とお決まりのハッシュタグを付け加えていた。

 長野で行われたアイスショーの合間のワンシーン。ファンからも「このシリーズ大好きです!密かにいつも楽しみにしてます」「村上佳菜子さんのつま先が伸びててとても脚が綺麗です!」「このシリーズ中毒になる」「二人のサービス精神が溢れて止まらない」などと続々と反響。笑いを誘っていた。

 アイスショーでもSNSでも、“信成劇場”は2019年も楽しませてくれそうだ。

安藤美姫、ショック フィギュア元全米王者の自殺に「言葉にならない悲しみと怒り」

デイリースポーツ によると。

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫が21日、インスタグラムを更新しフィギュアスケートのペアで全米選手権を制したこともあるジョン・コフリン氏が自殺したことに「またスケートの仲間が1人空へ逝ってしまいました」と無念の思いをつづった。

 コフリン氏は19日までに米カンザスシティーで自殺したと米メディアで報じられた。33歳の若さだった。コフリン氏はスポーツにおける暴力やハラスメント撲滅を目的に設立された団体から不正行為の疑いがあるとして、暫定的な処分を受けていた。コフリン氏は「事実無根」と否定していた。

 そんな矢先の訃報に安藤もショックが大きく「またスケートの仲間が1人空へ逝ってしまいました」「ジュニアの頃から一緒に頑張ってきたジョン」と天国の友人に呼び掛け、「今回は今のこのSNSやネット社会の状況を考えさせられる悲しい結末…。絶対に起きて欲しくなかった」とショックをにじませた。

 「言葉にならない悲しみと怒りがありますが」と正直な気持ちもつづり「今はとにかくジョンがゆっくり休めますように…」とつぶやくのが精一杯。インスタには仲間達と一緒に写った記念写真と、安藤と一緒に陽気な表情を見せる2枚の写真をアップし、友の死を悲しんだ。

奇跡も、魔法も、あるんだよ ザギトワ&メドベージェワが「まどマギ」衣装で氷上を舞う姿が魔法にかかったような美しさ

ねとらぼによると。

 平昌五輪の女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手と銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ選手が、スマートフォンアプリゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の新CM「再会篇」(1月21日から全国放送)に出演。鹿目まどかと暁美ほむらをイメージした衣装を披露しています。

 新CM「再会篇」は、2018年8月にアプリリリース1周年記念で放送された“変身篇”の続編。前回に引き続き、ザギトワ選手はまどかをイメージした衣装を着用しており、今回が日本のテレビCM初出演というメドベージェワ選手は、ほむらの衣装をイメージし、紫を基調とした衣装を着用。両選手が、まどかとほむらの“再会”を華麗なスケーティングで表現しています。

 再びまどかの衣装を披露したザギトワ選手は、「再び“まどか”を演じることができて、とても嬉しい」とコメント。大の日本アニメ好きで知られ、アニメキャラクターになりきったコスプレも話題を集めていたメドベージェワ選手は、「私は日本のアニメが大好きなので、“ほむら”の役が演じられてとても嬉しい。多くの方に今回のCMを見ていただきたいです」と大喜びでコメントしています。

サッカー・フィギュアの・スポーツ・ディズニー・北欧雑貨の気になるニュース